★2018年ラストソロキャンプツーイン足尾

12月から冬季休業に入ってしまう日光足尾の銀山平へソロキャンプツー。

距離も長くないしソロなので11時過ぎのゆっくりスタート。

川口から東北道、北関東通って桐生あたりで落ちて下道を進みます。

いつものスーパーで買い出しして16時には現地到着。

冬季休業間近なので結構混んでいますが、お一人様にはちょうどいいスペースを確保できました。

夜は結構冷え込みましたが通常シュラフとハーフシュラフを組み合わせ。

これだけではまだまだ寒いので、バイクに乗っていた時に履いてきた

ワークマンの暖パンを履いてみましたが、これが結構な優れもの。

なんとか朝まで寝ることができました。

 

今回はソロなのでタープはいつものヘキサゴンタープではなく、

MSRのテントに合わせて自作したオリジナルタープです。

赤い部分はコーデュラリップストップナイロンを贅沢に使いました。

小川張りするために収納時テントを締め付けていたベルト2本を流用しています。

こうすることで大きな前室が出来て快適に過ごせますし、物干し竿効果もあって

翌日のシュラフを干したりするのに適してます。

 

▲綺麗なフォルムです

 

▲カラビナ&ベルトで固定します

 

▲こちらもカラビナ&ベルトで固定します

 

 

▲ソロなので気が向いた時に起きて自由にご飯です

今回投入したニューギアが2点あります。

〈Osprey Ultralight パッド入りトラベルポーチ〉

ナイフやライターやライトなど細々としたものをまとめて整理できる

パッド入りのトラベルポーチです。

小ぶりなので、同じものを2つ使用しています。

ベルトを締めれば中身を圧縮できるのがいいですね。

▲同じ色にしてみましたが、変えてもよかったかも

 

▲こんな感じで留めることもできます

 

〈Osprey Ultralight Stuff ダッフルバッグ〉

クッカーやコンロなどキャンプに必要な道具を小分けにしているのですが、

それをこのダッフルバックに入れてしまい、そのままパニアケースに収納。

こうすれば個別に出さなくても一気に引き出して取り出せます!

薄めの素材なので使わないときは折りたためてしまうのも優秀です。

サイズもパニアケースにシンデレラフィット!

 

 

▲30Lなのでなかなかの収納力

 

▲なんの細工もしないですっぽり収納できました!

 

 

 

2度目にキャンツーとなりましたは、運転中は慣れましたが、

止まる時と出る時はまだぎこちない感じです。

立ちごけ転倒はまだありませんので、 このまま無傷で乗っていければいいかなと思います。

下界の方まで色づいてきた紅葉のなか、帰りはゆっくり下道で 4時間かけて帰ってきました。

 

 

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL