★外コーヒーの楽しみ方

1日5杯以上はコーヒーを飲みます。

平日の会社では併設されているマシンで、

ホットコーヒー、アイスコーヒー、カフェオレなど。

週末は少し減って2〜3杯くらいですがペーパードリップではなく、

ビアレッティの直火式モカエキスプレス(マキネッタ)を長年使用しています。

自宅で使っているものは6杯程度とれる大容量なのですが、これもすでに2代目です。

車でのキャンプの時はこれを持ち出していますが、

バイクツーなどで少しかさむので今回2杯用を新調しました。

 

今回のラインナップ群!

自宅で使っている2代目です。基本水洗いが鉄則です。

洗剤などで洗浄しないことで徐々にコーヒー成分が蓄積されていき、

アルミの内側をコーテイングしていくので、 コーヒーに金属臭がつかず風味を保つそうです。

味だしの域を超えた風貌の2代目です

基本水洗いのみなのでコーヒーが蓄積されています

 

 

自宅ではエスプレッソ用の粉を使っていますが、

今回はコーヒーミルで豆を挽いてみます。

ポーレックスのコーヒーミルが有名なのですが、こちらはそれのそっくりさん。

サイズも価格も手頃なのでアウトドアにはぴったりです。

 

コンパクトに収納できるハンドル

 

手頃なサイズ感です

 

ハンドルをセッティング。回していると途中で外れたりするのが難点です

 

この部分を回すことで粗さを調整できます。今回は極細挽きにしてみます

せっかくなので豆もちょっといいものを選んでみました。

illyのエスプレッソ用ミディアムローストです。 250gで1,400円もしてしまった。

コーヒー豆は「アラビカ種」と「ロブスタ種」の2種類に分けられます。

このミディアムローストは「アラビカ種」となりますが、

個人的にはあまり酸味の強いものは好きではないのですがこの豆はどうでしょうか…

 

250gなのでしばらくは楽しめる量です

 

豆は粗挽きではなく極細挽きが望ましいのですがコーヒーミルでは限界があるかも…

しかしガリガリと豆を挽く手応えが心地よくて癒されますね。

 

今回はいつものMSRのバーナーではなく、エバニューのアルストにしてみました。

これだと音もしないので静かでいいです。

 

チタンなのでいい具合に焼けてます。右の五徳もチタンです

 

風防もチタンでいい焼き色

 

五徳を乗せればぴったりフィットです

 

今回はいつものMSRのバーナーではなく、エバニューのアルストにしてみました。

これだと音もしないので静かでいいです。

水を入れてから粉をギリギリまで入れてあとは火にかけるだけ。

徐々に沸騰して上部のカップ部分に吹き出してきます。

 

内側にあるラインまで水を入れます

 

粉はギリギリまで入れます。結構極細挽きできました!

 

あとは火にかけるだけ。風が強かったので火が暴れてます...

 

 

徐々に上部に吹き出してきます。※写真用に蓋を開いていますが通常は閉じママです

 

コポコポといい感じに上がってきます!

 

完成です!

コーヒーカップですが、シェラカップやスノーピークのマグカップだと

雰囲気がでるのですが、保温性が全くないのですぐに冷めてしまうのが欠点。

そこで愛用しているのがサーモスシリーズです。

ビールやアイスコーヒーなどは少し背の高いものを愛用していますが、

コーヒー用には少し小さめのものを使っています。

間口も広く飲み口も熱くならないので冷めにくく、

最適温度でコーヒーを楽しめます。

 

大好きなコーヒーなので道具や材料に少し凝って、

時間をかけて楽しむのも外コーヒーの魅力ですね。

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL