★2018ラストソロキャンプ

今年最後のソロキャンプは筑波市の市営キャンプ場。

下道でも1時間30分程度で着いてしまうので11時くらいに出発です。

ソロキャンプのいいところは自分主導という点です。

今回も決めたこといえば、場所とスキレットでアップルパイを作ることくらい。

みんなとのキャンプだと、失敗したら食べられないのでなかなかチャレンジ出来ませんが、

ソロキャンプで事前練習を兼ねてみました。

・りんご1個を切って砂糖と水で煮詰めます。
・程よく煮詰まったらシナモンを振りかけます。
・仕上がったら一旦避けて粗熱を取ります。
・市販のパイ生地で丸く土手を作ります。
・りんごを敷き詰めます
・短冊に切ったパイ生地を乗せて最後に黄身を塗ります。
そして、スキレットにキッチンペーパーを敷き、
その上に網を乗せて、さらにキッチンペーパーを敷きパイ生地を乗せます。
あとは蓋をして火力は弱めでじっくり火を入れる感じです。
少し底が焦げてしまったが最後に粉砂糖を振りかけて完成です。
なんとかうまく出来ました!
結構なボリュームなのでこれだけでお腹いっぱいになってしまいますが…
あとは火を見ながら1人の時間を過ごしていい感じに酔ったところで就寝です。

スキレットとは別のフライパンで煮詰めます

スキレットにはこのようにキッチンペーパーを敷いておきます

パイ生地で土手づくり

りんご投入でさらにシナモン

卵黄でコーティングして火入れです

ゆっくりゆっくり火入れです

完成しました!

粉砂糖でデコレーション、ソロで男が自作アップルパイ

 

薪が少なかったので大事に燃やします

翌朝、バイク仲間が様子を見にきました!近場だからできる技です

 

 

今回新たにGIVIのタンクバックGIVI XS320を導入しました。
実はこのバックは「CRF1000L Africa Twin」専用のバックで
タンクのアタッチメントが専用品となっていて、
R1200GSAにそのままあ取り付けると、バックが90°曲がってセットされていまします。
しかしアタッチメントのネジ位置を加工することで、取り付け可能となります。
このバックのメリットは、直接タンクに干渉しない点と
形状がR1200GSAのタンクに沿った作りなので見た目もスッキリする点です。
使用用途としては一眼を収納することなのですが、
収納もぴったりで専用品のようです。
胸元にバッグが来るのですが、メータを覆うこともなく
視認性も確保できますが、 若干圧迫感はあります。
年始は恒例の大洗キャンプ。そのあとも密かにソロキャンプを計画中。
ここは通年営業で近いので気軽に来れるのがいいですよ。

★茎崎こもれび六斗の森
https://www.nap-camp.com/ibaraki/10132/
コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL