★山ギア「RUDY PROJECTノイズ ステルス ブラック/ピュアグレイ」

ロードバイクを18年以上乗っていますが、

乗り始めから使用してるサングラスが「RUDY PROJECT」です。

目が悪いので、インナーフレームを使って度付きレンズを装着しています。

すでに廃盤となった「ケロネーゼ」「シルロ」を使っていましたが、

先日の山行でシルロをなくしてしまいました。

本体だけではなく、インナーフレームのなくしてしまったので、

今回一式を揃えることになりました。

 

候補としてあがったのは「マグスター」「ノイズ」の2つ。

どちらにもインナーフレームが装着できます。

がしかし、マグスターやノイズのレギュラーモデルはほぼ完売状態です。

仕方がないので上位モデルの偏光レンズ仕様の

インパクトX2で探してみましたが、

こちらのモデルも購入ができない状態...

 

ほとんど諦めかけていましたが、「ステルス」シリーズという

別のラインナップがあることを知りました。

 

★STEALTH ステルス 軍隊や特殊部隊などで使用するためのモデルです。

レンズ以外は全てマットブラックに統一され、米国の国家規格ANSI Z87.1+の認証を受けています。

これまでもイスラエルの特殊部隊やイタリアの山岳軍隊などで使われています。

 

このステルスシリーズとは、「マグスター」や「ノイズ」

「ライドン」といった通常ラインナップの中から、

仕様を変更して展開しているラインナップのようです。

 

以前はロードバイクでの使用が100%でしたので、

バイクに合う合わないでチョイスしていましたが、

現在は山行での使用も頻繁にあるので、

派手すぎず控えめなのがいいなと思っていました。

 

ステルスシリーズは、特殊部隊での使用を想定しているので、

太陽の反射で光ってしまうようなロゴやパーツは

すべてマットブラックになっています。

運良く「ノイズ」を購入することができましたので、

まずはロードで使ってみました。

 

手前がステルスのノイズ。後ろにあるが15年選手のケロネーゼ、ぼろぼろです...

 

インナーフレームもマットブラックなので相性いいです

 

 

以前のインナーフレームはフチありタイプだったのですが、

今回のものはワイヤ固定となりより軽量です。

視野領域も良好で、普段使いのメガネと変わりません。

 

また、レンズとサングラスの間の傷防止用に

ラバーの緩衝材も付いてます。

 

鼻のあたりにある突起をサングラスにある穴に引っ掛けます

 

脱着も簡単なのでお手入れもらくらく!

 

ちなみに古株のケロネーゼにもインナーフレームを

取り付けられるのも嬉しいです。

長年基本構造は変わっていないようです。

 

巷ではジョーブレイカーが人気ですが、

ロードバイクだけなら良いかもしれませんが山行にはちょっと...

さりげなく、落ち着いた印象もありつつ、

しっかりとしたプロフェッショナル感やアスリート感のある

ルディープロジェクトを今後も使っていくと思います。

 

 

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL