★山メシ「チキンステーキ」

すっかり梅雨になってしまいました…

今週も家キャンメニューということで、

スキレット王道メニュー「チキンステーキ」を作ってみました。

 

毎回使っているMSRのウィスパーライトインターナショナルですが、

火力も強いしタンクとバーナー本体が分かれていてるので低く設置でき、

安定感と調理のしやすさは抜群なのですがススが多く出ます!

なので使ったあとは丁寧に拭き取るという作業がもれなくついてきます。

 

使用燃料はホワイトガソリン。インターナショナル対応なので灯油も使用可能です

 

このようにねじ込んで...

 

これをポンピングして圧をかけます

 

それでも五徳を開いてタンクをポンピングして圧をかけ、

ノズルを差し込んでからちょこっとガソリンを抽出させて、

全体を火だるま状態にして温めてると、徐々に青い炎になり安定していく...

といった一連の準備を毎回行うのですが、

面倒な人には限りなく面倒かと思いますが、

道具を使っている感がなんとも楽しいです。

 

鶏肉はパリッとさせるために最初に皮面から焼いていきます。

ハーブソルトや粗挽きコショウで味を整えて、

いい感じに焦げ目が付いたところで裏返します。

本当はもっとパリッパリッにさせたかったのですが、

付け合わせの玉ねぎとアスパラガスとトマトを投入したら

水が出てきてしまったので急遽煮込み系に変更することにします。

パリッとさせたい場合は、野菜とは別々に調理した方がいいみたいです。

あとは蓋をしてじっくり火を回して完成です。

 

にんにくをオリーブオイルで炒めます

 

皮面から焼いていきます

 

いい感じに焦げ目がついたら裏返します

 

以前からスキレットの取手がかなり熱くなってしまうのが気になっていたので、

厚めの革を使ってハンドルカバーを作成しました。

おそらく水濡れや油汚れが激しいと思いますが、

いい感じに味が出てくれればいいですね。

 

栃木レザーの余り革でサクッと作成

 

厚めの革を使用しているので全然熱くなりません

 

 

 

色とりどりの野菜を投入!少し水が出てきてしまったので煮込み系にします

 

白ごまをトッピングして...

 

盛り付けて完成です!

 

 

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL