★ラジエーターガード装着

フロントフェンダーの裏側の左右にラジエーターが付いているのですが、
標準ではここにガードが付いていません。
高速での走行時には虫や小石などでダメージを受けやすいそうなので、
GSではラジエーターガードを付けるのが定番となっているようです。

 

▲本家とほぼ同じ!ロゴまで付いてました!

社外品では、TOURATECH(ツラーテック)やWunderlich(ワンダーリッヒ)などが
有名ですが、結構高価…
検索すると安いもがいくつもヒットしますので、その中から「Alpha Rider」というメーカーから
リリースされているものをチョイスしました。

 

▲エンジンガードを外し、外装も外します

こちらの商品、「Wunderlich」ウォータークーラーガードと
ほとんど形状が一緒なのですが、価格はほぼ4分の1!
うまく装着できるか不安でしたが、到着したものを見てみると、
オリジナルとほぼ同じでロゴマークまで付いています!

 

▲右側はサクッと取り付け

本家のWunderlichのyoutubeを参照しながら装着していきます。
右側はラジエーター周りに装着されているプラスチックガードを外して
付属の金具を装着し本商品を挟んでしまえば完了です。
左側が少し厄介で、付属の金具を共締めするために、
エンジンガードや外装を外す必要があります。
こちらも丁寧にyoutubeで紹介されているので
慌てずゆっくり行えば問題なく装着できます。
正味1時間程度で無事装着することができました!

 

▲こちらも問題なく取り付け完了

ちなみにBMWはすべてトルクスネジが使用されていますので
いままでの工具が一切使えません。
高いものではないので新たに必要なサイズ(25、 30、 40、 45、 50)を
入手し無事作業は終了です。

 

裸状態だったラジエーター周りがこれでしっかりと守られるようになりました。
見た目もマットブラックでWunderlichのロゴもワンポイントでいい感じです。
コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL